自動車

【新車情報】ホンダ シビックタイプR 復活情報!

投稿日:

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518d.png” name=”西山 狭子” type=”r”]皆様こんにちは! 私は、現在発表されている新車種や、発売間もない新型車を皆様に紹介するナビゲーターの西山狭子(にしやま きょうこ)です。

今回は、復活した ホンダ・シビックタイプR をご紹介します!
[/voice]

シビック復活。それも、Type-Rだ

引用:http://carnny.jp/wp-content/uploads/2017/01/honda-civic-type-r_01.jpg

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518d.png” name=”西山 狭子” type=”r”]ミニバンやSUVばかりが売れていますが、かっこいい、速いクルマは気になりませんか?

シビック・タイプRは世界でも有数のスポーツハッチバック。

まるでサーキットを走るような装備の数々が人気のプロスポーツマシンです。[/voice]

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518d.png” name=”西山 狭子” type=”r”]現在、ホンダのボトムエンドの役割はフィットにゆだねられましたが、CIVICというネーミングは海外で人気ナンバーワンです。

特に、欧州ではスポーツハッチとしてあまりにも有名なんですよ![/voice]

手ごろな価格でスピードが出る乗用車、の代名詞にもなっているシビック。今回は再び登場したタイプRを特集します!

新型タイプRのスペックは、こんな具合

レブマッチングシステムを搭載

引用:http://blog-imgs-100.fc2.com/c/a/r/carinfoj/honda-civic-type-r-prototype-11.jpg

タイプRといえば、軽量化された地を這うようなボディ、太いマフラーからの重低音、そしてアルミ削り出しのマニュアルシフトのクイックな「入り」でしょうか。

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518d.png” name=”西山 狭子” type=”r”]特に、シフトチェンジ度に「スコンスコーン」と的確なギヤチェンジができるタイプR。

速さは折り紙付きですが、今回は2Lターボエンジンで、320馬力と400Nmのトルク…を叩きだすとのこと。

そうかといえば、FK2型(2015~16年モデル)ではアイドリングストップを装備、その辺りはきっちりと抑えてくるはずでしょう。[/voice]

■トランスミッション:6速MTマニュアルを搭載。

■レブマッチングシステム:レブマッチングとは、手動によるギヤチェンジの際、車輪とエンジンの回転数を合わせること。

エンジンの回転数と車輪の回転数を合わせて、適切なギヤを選ぶには、それなりの「勘」が必要ですが、これをコンピュータで事前に行ってくれるのが、レブマッチングシステムです。

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518d.png” name=”西山 狭子” type=”r”]レブマッチングシステムで、ギヤチェンジも今まで以上に”サクサク”ですね!

的確にシフトを入れてくるドライバーは、かっこいいですよ![/voice]

サスペンションは?

もちろん、ボディー剛性は先代のFK2型よりもねじれ剛性を4割ほど高めています。

その手法は、スポット溶接。ボディー自体を軽くしてなおかつ頑丈にするためには、ボディそのものの一体感を増すことが必要。

そのためには、圧着する部分(金属)を外側両面から電流を流して溶接するスポット溶接が一番効果があります。

サスペンションは、前輪が”マクファーソンストラットサスペンション”、後輪は新型の”独立懸架マルチリンク式サスペンション”を導入。

アームを採用してより走りやすいものに変えています。

コンフォートモードも備わる

引用:http://www.honda.co.jp/CIVIC/new/

ドライビングモードは次の3種類。

■スポーツモード
■+Rモード
■コンフォートモード

その他
■フロントエアカーテン
■ルーフラインのボルテックスジェネレーター

などが特徴として挙げられます。

ボルテックスジェネレーターとは

引用:http://www.honda.co.jp/CIVIC/new/

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518d.png” name=”西山 狭子” type=”r”]ボルテックスジェネレーター(タビュレイター)とは、下の画像の中央部、ルーフに突き出た小さな突起(3か所見えます)を指します。[/voice]

もともとは、セスナ機やグライダーといった低速飛行の飛行機の翼部に突起を付けることで、気流をわざと乱れさせて、安定飛行させる技術として知られていました。

[aside type=”normal”]最近は大型ジェット機でも採用され、新幹線のパンタグラフや、ゴルフボールの細かい突起(凹み)などが乱気流を起こさせる仕組みとして有名です。[/aside]

引用:http://www.honda.co.jp/CIVIC/new/

下の画像は、シビッククーペ。マフラー一本だしが迫力満点だ

引用:http://car-topic.com/wp-content/uploads/2016/10/シビックコンセプト2.jpg

↓タイプRを示す、ホンダの赤バッジ。バックミラーにこのマスクが映し出されれば、誰でも道を譲るだろう

引用:http://honda-connect.com/wp-content/uploads/2017/01/CivicX-2017-Civic-TypeR-blue-e1445960318760.jpg

歴代タイプRとは?

引用:http://www.webcg.net/mwimgs/8/4/-/img_84ec7a7c8c139df68b7e7af90589d0f3112397.jpg

シビックは、1972年から生産されたブランド。

日本のみならず、北米から欧州、全世界で発売されましたが、2010年に日本モデルが終了しました。

アメリカで爆発的に売れた初代シビックですが、理由の一つが「タイヤ交換」でした。

当時のアメ車はボディも大きく、重量も重い。そこで、ホンダは細身の女性が軽々とタイヤ交換をしている画像を使って、シビックを宣伝。瞬く間に、シビックは売れていったのです。

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518d.png” name=”西山 狭子” type=”r”]タイプRは軽重量のシビックだからこそ、生まれたといっても過言ではありません。[/voice]

EK9(1997 – 2000年)

引用:http://dg24ae6szr1rz.cloudfront.net/photo/33e10119f672c479d3a26aa3fdfe8012.jpg/w664/tr/file

■初代のエンジンは”B16B型” 1.6Lで 直4 DOHC VTEC (185PS/8,200rpm)

EP3(2001 – 2005年)

引用:http://hondacars-nozaki.com/mizuno/wp-content/uploads/p1-3.jpg

■二代目は、エンジンはK20A型 2.0L 直4 DOHC i-VTECで、215PS/8,000rpmものスペック。6速MTを積載し、英国生産された

FD2型(2007 – 2010年)日本仕様

↑画像は、300台限定のシビック MUGEN RR

引用:http://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/usercar/000/000/685/824/685824/p1.jpg?ct=6704ecfa2d9e

■三代目は日本生産がセダン。エンジンは二代目と同じK20A型 2.0L 直4 DOHC i-VTEC

FN2型(2007 – 2012年)欧州仕様

引用:http://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-e8-2b/hondatyper_nsx/folder/270642/35/12392935/img_0

■英国産の三代目。エンジンはK20A型 2.0L 直4 DOHC i-VTECで、最高出力は201PS/7,800rpm。日本にも輸入され、「TYPE R EURO」と名乗った

FK2型(2015 – 2016年)

引用:http://honda-connect.com/wp-content/uploads/legacy/10464384_10156242933805725_7440912965941847716_n-e1445663773939

■英国産の四代目、エンジンはK20C型の2.0L 直噴 DOHC VTEC TURBO。310PS/6,500rpmを発生させるマシン。

[aside type=”normal”]なお、新型は2017年夏よりホンダ・オブ・ザ・UK・マニュファクチュアリング・リミテッド(Honda of the UK Manufacturing. Ltd.HUM)で生産が開始されることになります。[/aside]

-自動車

執筆者:

関連記事

【新車情報】スズキ ジムニー フルモデルチェンジ情報!

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518 …

【新車情報】スバル XV フルモデルチェンジ情報!

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518 …

【新車情報】ダイハツ スポルザ 新グレードスポルザ登場?!

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518 …

【新車情報】三菱 エクリプス クロス SUVになって復活!

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518 …

【新車情報】ホンダ S2000 フルモデルチェンジ情報!

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518 …