自動車

【新車情報】トヨタ センチュリー フルモデルチェンジ情報!

投稿日:

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518d.png” name=”西山 狭子” type=”r”]皆様こんにちは! 私は、現在発表されている新車種や、発売間もない新型車を皆様に紹介するナビゲーターの西山狭子(にしやま きょうこ)です。

今回は、トヨタ・センチュリー「フルモデルチェンジ」情報をご紹介します!
[/voice]

引用:http://s.auto.drom.ru/img1/catalog/photos/fullsize/toyota/century/toyota_century_10985.jpg

引用:http://www.forest-au.com/service/gold-medal/medal/medal-meiji.php

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518d.png” name=”西山 狭子” type=”r”]トヨタ・センチュリーは、1967年(昭和42年)にデビュー。明治元年が1868年ですから、1967年は”明治100年”。そこで100年=センチュリーと名づけられました。

実はその間のフルモデルチェンジは、なんと1度だけ!2017年はデビューから50年、2度目のフルモデルチェンジなんです、ロングライフですね!!

ちなみに、上の画像にご注目。黒塗りのセンチュリーの上にあるメダルは、明治100年記念の純金メダルで、明治天皇の肖像が彫られているんです。一枚約”27万円”の価値があるそうです!
[/voice]

センチュリーってどんな車?

トヨタ・センチュリーは・全長5,270㎜・全幅1,890㎜・全高1,475㎜。5メートルを超えるクルマは、日産シーマが5,120㎜、レクサスLS600hが5,090㎜。国内では最も大きなセダンです。

センチュリーのエンジンはV型12気筒、片側6気筒だけでもクルマが走るように気筒数を多くしています。

V8やV6といったモデルが主流のなか、12気筒というのは一般セダンでは世界でも希少で、超高級スポーツカーの「ランボルギーニ・アヴェンタドール」などが有名です。↓このクルマ!!

引用:http://www.blogcdn.com/jp.autoblog.com/media/2011/02/lamborghiniaventador-005.jpg

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/758338/002_o.jpg

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518d.png” name=”西山 狭子” type=”r”]センチュリーって、スーパーカーと同じエンジンを積んでいる、超ド級のセダンだったんですよ!
[/voice]

引用:http://monkeysystems.up.seesaa.net/image/E382BBE383B3E38381E383A5E383AAE383BCE38080E58685E8A385.png

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518d.png” name=”西山 狭子” type=”r”]一方室内は、というと…意外にも「地味な感じ」でしょう?よく見ると、シートは本革ではありません。

仕立ての良いファブリックを使っています。

トヨタの説明では、本革、つまり牛の皮をなめしたシートとは「馬車の御者(ぎょしゃ)」用だった、とのこと。雨や雪でも本革なら水滴を飛ばしますから、御者用シートにはもってこいです。

でも、屋根のある客室内シートは汗や湿気を吸い取る布が最適。この伝統をしっかり受け継いだのが、日本のセンチュリーだったんですね![/voice]

引用:http://stat.ameba.jp/user_images/20120808/20/hirai-h/fc/db/j/o0800053912123731461.jpg?caw=800

2018年に新型センチュリーがデビュー

予想モデル画像から、新型センチュリーを想像してみよう!(フロントから)

引用:http://jp.autoblog.com/photos/fs-hybrid/#slide=1363083|!

フロントの形状。ランプはLED採用ですが、センターグリルは完全にセンチュリー。フェンダーミラーではなく、ドアミラーになっているのが数少ない変更点??

リヤから。アルミホイールの形状で、センチュリーだとわかる

引用:http://p.autoblog.com/photos/fs-hybrid/#slide=1363087|!

シンプルな外観、これはレクサスではありませんね。ウインドウモールも直線基調、観音開きのドアトリムも珍しいです。

こ、これは!シートの素材に大注目!

後席シートはゆったりした厚みが感じられます。座ったときに、肩口横から風が出てくる仕様になっているのがわかりますね。

高温多湿の夏場でも、サラッとした空気にするための工夫があるようです。

引用:http://p.autoblog.com/photos/fs-hybrid/#slide=1363087|!

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518d.png” name=”西山 狭子” type=”r”]上の3枚の画像は……2012年に公開された「トヨタ・FS」です。ハイブリッド・コンセプトと命名されたモデルで、開発担当は関東自動車。

トヨタの子会社で、数多くの乗用車生産の「本丸」でもあります。[/voice]

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518d.png” name=”西山 狭子” type=”r”]どうでしょう、完全に次期型センチュリーと思えるようなモデル。その証拠は画像の「3枚目」にありました。

シートを見てください!ファブリック素材なんです。やはり、トヨタはセンチュリーの伝統をしっかりと守っていくようです!欧米の高級車が「豪華な本革こそ高級車…」と訴求していますが、ファブリックこそ本物、さすがトヨタ!![/voice]

[aside type=”warning”]この画像は、あくまでも「トヨタ・FS」。

新型センチュリーと決定しているものではありません。[/aside]

現行型のセンチュリーって買えるの??

センチュリーはどこで売られているのでしょうか?新型車を展示しているディーラーを見たことはありますか?

実は、センチュリーを新車で買うには、トヨタ自動車に直接「買いたい!」と連絡しなければ無理。

センチュリーは約1,300万円ですが(新型は2,000万円という噂…)、官公庁・企業、そしてハイヤー会社、お寺などが購入するクルマで、「お金があるから個人で購入」というわけにはいきません。

メルセデス・ベンツ「マイバッハ」や、ベントレー「ミュルザンヌ」なら、芸能人でも購入できますが、センチュリーはまず不可能。

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518d.png” name=”西山 狭子” type=”r”]でも、中古車なら買えますよ!センチュリーはもともとクルマの作りがいいので、20年、30年落ちでもちゃんと走るんです![/voice]

中古車なら、価格帯:20万円~900万円台程度で買える

引用:http://www.carsensor.net/CSphoto/ml/458/200/U00014458200/U00014458200_2_001.jpg

中古車は1997年以降のモデルが流通。人気があるのは圧倒的にドアミラー型です。

これは中古車業者がフェンダーミラーからドアミラーに交換するケースが多く、ついでにクルマを≪いじる≫ケースがあります。

ですから、整備のしっかりしたオリジナルのモデルを選ぶのが大事です。

価格は20万円前後から、900万円前後が多く、150万円ほどあれば買えるクルマが多くあります。

購入するなら、センチュリーの専門店で見比べるのが良いでしょう。

気を付けよう!サスペンション

引用:http://picture1.goo-net.com/0100090902/A4003675/J/0100090902A400367500300.jpg

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518d.png” name=”西山 狭子” type=”r”]サスペンションはエアサス。ということは、定期的に交換しなければ車体が突然ガクッと落ちてしまいます!

サスペンションを定期的に代えているかどうか、整備手帳に記載がない車は避けた方がよいでしょう。

交換だけで50万円以上かかると、考えましょう。[/voice]

社用車の場合は、結構くたびれているクルマも多い

引用:http://blog-imgs-62-origin.fc2.com/a/c/v/acv30gsv40/DSC_4366.jpg

センチュリーを見る場所、としたらどこが多い?
東京なら「永田町」「赤坂」「新橋」「霞が関」……もちろん、関東近辺のゴルフ場でも見かけるかも。
ただ、その多くは運転手さんが車で「待機」しているのが多い。
夏場は炎天下で、エアコンをつけっぱなし…

当然、エンジンにはよくない環境ですね!

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518d.png” name=”西山 狭子” type=”r”]また、夜間にかなりのスピードで高速道を疾走する運転手さんも多いんです。[/voice]

よい中古車を手に入れるには?

1.整備は十分でしょうか?
2.タイヤの減りで走り具合はわかります!
相当な距離を走っているかもしれません。
見た目とは裏腹に、かなりくたびれているクルマもあります。
[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518d.png” name=”西山 狭子” type=”r”]新型センチュリーがお目見えするのは、もうすぐ。中古車もどんどん市場に流れるはず!いい買い物をしてみませんか![/voice]

-自動車

執筆者:

関連記事

【新車情報】ダイハツ スポルザ 新グレードスポルザ登場?!

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518 …

【新車情報】トヨタ S-FR ニューモデル情報!

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518 …

【新車情報】ホンダ S1000 ニューモデル情報!

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518 …

【新車情報】トヨタ アクア GR 追加グレード情報!

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518 …

【新車情報】スズキ ジムニー フルモデルチェンジ情報!

[voice icon=”https://scoop-movie.jp/wp-content/uploads/2017/03/074698d2d0188039cb58bb6390c1518 …