ダイエット

10キロ痩せたい!運動すべき?なしでもできる?

投稿日:2017年5月2日 更新日:

皆さんはダイエットと聞いてどんなイメージを抱きますか?

多くは食べ物を控える食事制限とランニングといった運動を思い浮かべたと思います。

特に10キロといった大きなダイエットでは、辛い運動を思い浮かべた方も多いはず。

このダイエットの大きな要素である食事と運動ですが、食事は毎日行なっているのに対して運動はやる機会のない人も多いでしょう。

また運動や筋トレなどはキツそうな印象しかないかもしれません。

しかし10キロといった大きなダイエットで運動は必ず必要と言えるのでしょうか?

今回は10キロ痩せるために運動は必要なのか、徹底検証いたします。

引用:https://www.pakutaso.com/20161056299post-9347.html

10キロ痩せるのに運動は必要なのか?

引用:https://www.pakutaso.com/20160545134post-7848.html

10キロという大きなダイエットに対して運動は必要なのでしょうか?

結論から言うと、必要でしょう。

しかしその運動は皆さんが想像をしているような苦しいランニングや腹筋などではありません。

痩せるといってもそのやり方は痩せる期間やどんな痩せ方をするかによっても変わってきます。

当然短期間で痩せたいのであれば、それ相応のキツさが伴いますし、逆にスパンが長くとれるのであれば体にも負担が少なく緩やかに痩せていくこともできます。

そもそもダイエットの本質は摂取したカロリーより消費するカロリーを多くして、体についた脂肪等を燃焼させていくことにあります。

運動はそのうちの消費カロリーをあげる役目しかないことを頭に入れておきましょう。

痩せるために必要な知識をつけよう!

引用:https://www.pakutaso.com/20160433110post-7643.html

ダイエットとは摂取した以上に消費することが本質と言いました。

しかしダイエットを始めた人はひたすらウォーキングや無理な節制に勤めて、思った結果が出ずにやめてしまう人も多いはず。

ダイエットを失敗する人の特徴として次のことがあげられます。

・知識を持たずになんとなくで始めてしまう。

・期間を決めずに短期間で強度の強いダイエットを行う

・継続することができない

大体の方は10キロ痩せるからといって、じゃあ走ろうかなーくらいにしか考えないと思います。

引用:https://www.pakutaso.com/20170448114post-11233.html

食事に関しても、ダイエット中だからと言う発言をよく聞きますが、これも期間限定ではなく維持できなければ意味がないのです。

維持するためにはきつい運動で痩せることは困難と言えますよね。

特に運動は消費する分、体がエネルギーを欲するため必要以上に吸収してしまう可能性もあります。

また一番効率の良いジョギングでも頑張って600キロカロリー消費できればいい方でしょう。

それに比べて食事はコンビニ弁当で600キロカロリー以上は軽くあります。

菓子パンに至っては1000キロカロリーなんてことも、、、

ですので、失敗しない10キロ痩せる方法としては継続しやすい食事制限をメインに組み立てる必要があるでしょう。

どのくらいのスパンで?痩せる期間を決めよう!

引用:https://www.pakutaso.com/20160231057post-7086.html

ダイエットを成功させる上でダイエットの期間も重要になります。

人間は期限付きの目標でなければ、だらけてしまう傾向があります。

例えば10時から洗濯すると思っても、結局11時に始めたなんてことも経験があるのでは?

期限を決めてもこんなことがあるので、なんとなくで痩せようと思っていても痩せるはずがないですね。

それに期限を決めることで食事制限で必要なカロリー計算ができます。

引用:https://xn--n8j2bm42aukw07mjp4c.com/wp-admin/post.php?post=185&action=edit

人が1キロ痩せるために必要な消費カロリーは約7200キロカロリーと言われているので、10キロ痩せるためには約80000キロカロリーになりますね。

これが6ヶ月なら、1ヶ月約13000キロカロリーで、1日300〜400キロカロリーを消費する必要がありますが、1年であれば半分の200キロカロリーの計算になります。

200キロカロリーは約大盛りご飯1杯くらいですので、食生活でこのカロリーを減らせばいいですが、3ヶ月で10キロ痩せようと思えば、食事だけでなくカロリー消費量を増やす必要があるでしょう。

こういった計画をしっかりと立て、自分にあった無理のないダイエットが理想と言えるでしょう。

10キロを健康的に痩せるには?悪い習慣を変えよう!

引用:https://www.pakutaso.com/20150541147ba.html

10キロ痩せるためには、期間によっては強度の運動が必要と言う結果でしたが、理想としては健康的に緩やかに痩せることでしょう。

過度なダイエットによる減量は、痩せた後のリバウンドの危険性も大きくなります。

これは過度な節制から解放されて、過食又は体が以前より吸収しやすく元の生活では太ってしまうためでしょう。

そこで最後に10キロ健康的に痩せるためにやりたい、ダイエットの小技をご紹介します。

・食事は食べる順番が重要

引用:https://www.pakutaso.com/20150316062post-5235.html

食事をする際の食べる順番を気にしたことはありますか?

食事の際には野菜をまず完食することによって、血糖値の急激な上昇を抑えられ食事の吸収を抑える効果があります。

これは黒烏龍茶にも近いイメージですが、食べる順番に気を使いたいですね。

また食事の前にカロリーゼロの炭酸水を飲むことで、食欲を抑える効果があるので合わせて使いたい小技です。

・運動は最小限で、ストレッチは最大限に

引用:https://www.pakutaso.com/20161023302post-9391.html

長年蓄積された脂肪を燃焼させるためには、有酸素運動は効果的ですが、時間の確保など継続するかが問題ですよね。

しかし運動は効率よく痩せるためにはできれば毎日やりたいところです。

そこでオススメなのが、ストレッチです。

ストレッチには運動前の準備体操だけでなく、代謝アップといったダイエットに有効な効果も存在します。

ですので朝晩のストレッチを日課にして、燃えやすい体を作りたいところ。

また日頃の姿勢に注目することも大切です。

姿勢を正すだけでも、内転筋が必要ですので中身から筋肉が鍛えられます。

筋肉が発達すると、その分消費カロリーを大きくなるため日頃の姿勢に意識して背筋は伸ばしておきましょう。

引用:https://www.pakutaso.com/20160600172post-8183.html

また通勤を自転車に変えることも効果的です。

これはランニング等より体の負担が少なく、足回りの比較的大きな筋肉を動かすことによって効率の良いカロリー消費が見込めるためです。

また乗っていて爽快感も味わえるため、比較的続けやすい手頃な運動とも言えるでしょう。

まとめ

引用:https://www.pakutaso.com/20170244053post-10428.html

結論として長期間で10キロ痩せるためには、きつい運動は必要ないと言えるでしょうが、効率よく痩せるためにはカロリー消費量をあげることは必要と言えるでしょう。

しかし10キロ痩せたいと思う人に当てはまることは、不摂生や不規則な生活が挙げられます。

睡眠時間も実はダイエットにおいて大切で、毎日7時間睡眠する人と、4時間睡眠の人では短時間睡眠の人の肥満率はなんと50%以上と言われています。

ですので健康的に10キロ痩せるために、自分の生活を見直すことから始めてみてはいかがでしょうか?

-ダイエット

執筆者:

関連記事

1キロ痩せたい!【40代女性編】

1キロでも痩せたいと思っても、40代になると体質の変化などで、中々減量に成功しにくいです。 その中でも、1キロ痩せたいと考える多くの40代の女の人は、以下の情報を参考にして下さい。 1キロでも痩せたい …

8キロ痩せたい!標準体重になる方法

もっと細くなりたいなぁとお思いの方は多いと思いますが、無理なダイエットをして、あまり痩せ過ぎてしまっても困ってしまいますよね。 なので、目標は標準体重とし、ダイエットをするのが健康的で良いですよ。 ち …

7キロ痩せたい!2週間チャレンジ

2週間で7キロの減量を目指すためにはどのようなダイエットをすれば良いでしょうか? 食事制限?運動? おすすめのダイエット方法をご紹介します。 Contents1 2週間で7キロ痩せるためには2 食事制 …

2キロ痩せたい!簡単にできる?

ダイエットに限らず、何をするにも目標設定をすることは大切です。 2キロ痩せたい!と思っているあなたに、簡単にできる方法をご紹介します。 Contents1 2キロ減らすには14000kcalの消費が必 …

2キロ痩せたい!【40代編】

だんだんと暖かくなってくると、薄着になりますが、気になるのは体系や体重ですよね! 春らしいワンピースやシャツなど、流行の物はどれも細身で、素敵だなと思って手に取ってみても着るのは何となく避けてしまうと …